強化ガラス(ハイテンパ)

セラミック印刷ガラス(スクリーン)

セラミック印刷強化タイプ

セラミック印刷ガラス(スクリーン)の特長

スクリーン印刷手法で、ガラスに無機インクを印刷し強化ガラスの同一の熱処理加工をしたガラスがセラミック印刷ガラス(スクリーン)です。

セラミック印刷ガラス(スクリーン)の使用部位

開口部 / ドア / 内装 / 手摺

セラミック印刷ガラス(スクリーン)製品詳細

セラミック印刷ガラス(スクリーン)の特性

版を使用して印刷することで、同一柄のデザインガラスが短期間で大量に製作できます。

デザインパターンにより美しく意匠性が向上します。
また、模様によって程よい視線制御効果を持たせることも可能です。

セラミック印刷ガラス(スクリーン)の注意事項

セラミックプリントは、退色・劣化しにくいですが、プリント面を室内側に向けのみ外装使いが可能です。

セラミック印刷ガラス(スクリーン)の仕様 / 寸法

現状 東日本工場
ガラス厚み 3~19mm 3~19mm
最大寸法 800×1,900 2,500×5,100
最小寸法 600×300 600×300

詳細は弊社にお問い合わせください、また規格を超えるものでもご相談ください。