複層ガラス(ハイペア)

  • 飛散防止効果
  • 紫外線カット
  • デザイン性

複層ガラス

冷暖房の負荷を軽減し、省エネに貢献します

複層ガラスの特長

複層ガラスは2枚以上の板ガラスの間に乾燥中空層を持ち、断熱効果を高めたガラスです。その断熱効果により結露もしにくくなります。

ガラスの種類 仕様 熱貫流率
通常のガラス 3mm 6
5mm 5.9
複層ガラス 空気層6mm 3.4
空気層12mm 2.9
Low-E
複層ガラス
空気層6mm 2.6
空気層12mm 1.8

複層ガラスの使用部位

開口部 / トップライト / 浴室

複層ガラス製品詳細

複層ガラスの特性

●高遮熱断熱タイプ

室外側ガラスの中空層に接する面に、熱放射を遮断するLow-E膜をコーティングしたペアガラスです。夏は日射熱の流入を防いで冷房効率を高め、冬は暖房輻射熱の流出を防いで暖房効率を高めることができます。またLow-E膜は、紫外線も大幅にカットでき、内装や家具の色あせ、劣化の防止にも効果があります。

●高断熱タイプ

室内側ガラスの中空層に接する面に、熱放射を遮断するLow-E膜をコーティングしたペアガラスです。夏は日射熱の流入を防いで冷房効率を高め、冬は暖房輻射熱の流出を防いで暖房効率を高めることができます。またLow-E膜は、紫外線も大幅にカットでき、内装や家具の色あせ、劣化の防止にも効果があります。

高い断熱性により、冬場の不快な結露も大幅に抑止。一年を通じて快適な空間を実現します。

複層ガラスの注意事項

複層ガラスを使用される場合には、雨水等による品質低下を防止するため、はめ込み枠下辺に水抜き孔を設けたり、弾性シーリング材によるグレイジングを行うなどして止水性・排水性を確保してください。またガラス小口を露出するような納まりは避けてください。封着材が劣化して内部結露の原因となります。

複層ガラスの仕様 / 寸法

現状 東日本工場
ガラス厚み 総厚10mm~総厚40mm 総厚10mm~総厚100mm
最大寸法 2,440×5,000 3,300×9,000
最小寸法 400×250 500×300
3層ペア、段差ペア、ガス入り(アルゴン、クリプトン)
シリコン、ポリサル仕様