ガラス手すり(ハイテンパフェンス)

  • 飛散防止効果
  • 安全細粒破片
  • デザイン性

ガラス手すり

強化ガラスを使用した、自立手摺です

ガラス手すりの特長

強化ガラスや合わせガラスを使用した、自立手すり工法です。
金属や木製の手摺と違い、視界をさえぎらないため景観を損ねません。
万一破損しても強化ガラスなので、破片が細かくなり被害は最小限に抑えられます。

また、合わせガラスの場合、飛散効果もあり、より安全です。

ガラス手すりの使用部位

戸建住宅 / 集合住宅 / オフィスビル / 店舗 / 商業施設

ガラス手すり製品詳細

ガラス手すりの注意事項

強化処理後の切断、孔明け加工等はできませんので、正確な寸法でご発注下さい。
熱処理の影響により通常のガラスと比較すると映像に歪みが生じます。
破損時には、ガラス全体が細片となります。飛散防止措置としてウィンドウフィルムの貼付や合わせガラスの使用をお勧めします。
内部の不純物に起因するキズが成長することにより外力に関わらず不意に破壊する恐れがあります。

ガラス手すりの仕様 / 寸法

ガラス品種 ハイテンパー(強化ガラス)呼び厚さ12mm

※ 万一の破損時の安全も考慮して、強化合わせガラス(ハイラミ)のご使用を推奨します。

ガラス標準構成

見付高さ 1100m/m 以上(笠木含む)
割付幅 2000m/m 以下(検討の上ご相談)

関連リンク