合わせガラス(ハイラミ)

  • 飛散防止効果
  • 紫外線カット
  • デザイン性

装飾合わせガラス(JIS R3205)

はさみ込む材料により個性豊かなガラスになる

装飾合わせガラスの特長

EVA中間膜を使用し中間膜の間に、布、和紙、木目、印刷PETフィルム等をはさみこんだ合わせガラスです。はさみ込む材料により個性豊かなガラスになり、世界でただ一つだけのオリジナル合わせガラスを作ることができます。

装飾合わせガラスの使用部位

開口部 / ドア / 内装

装飾合わせガラス製品詳細

装飾合わせガラスの特性

飛散防止効果

特殊フィルムにガラスが接着されているため万一の破損時にも破片の飛散を最小限にすることができ、安全性が高いガラスです。

高い耐貫通性

柔軟で強い特殊フィルムにより加撃物が貫通しにくくなるため、飛来物等に対する安全性が高いガラスです。

紫外線吸収効果

可視光線域では高い透過性を持ち、紫外線域(280~380nm)をほぼ遮蔽(約99%カット)します。

デザイン性

特殊フィルムと特殊フィルムの間に印刷されたフィルムを挟むことで高いデザイン性を持たせることができます。

装飾合わせガラスの注意事項

ガラスエッジを長時間高湿状態にさらされるとエッジから剥離が発生する恐れがあります。
合わせガラス後の加工は一部可能な事もありますが、基本的には困難ですので、正確な寸法でご発注下さい。
シーリング材,バックアップ材,セッティングブロックなどは適切な物を選定し、中間膜に悪影響を及ぼさない措置を講じて下さい。
通常のガラスを製作すると、若干ガラスの緑がかかった色調となります。高透過ガラスのご使用をおすすめします。

装飾合わせガラスの仕様 / 寸法

ガラス厚み 3+3mm ~ 総厚120mm
最大寸法 2750x8100
最小寸法 50x50