強化ガラス(ハイテンパ)

  • 強度x3
  • 安全細粒破片
  • デザイン性

曲げ強化ガラス(JIS R3206)

高いデザイン性と強度を両立した曲げ強化ガラス

曲げ強化ガラスの特長

曲げ強化ガラスとは、板ガラスに熱を加えて軟化させ、自重により金型の形状に沿った曲率を作り急冷する事で強度も向上します。

曲げ強化ガラスの使用部位

開口部 / ドア / 内装 / 手摺

曲げ強化ガラス製品詳細

曲げ強化ガラスの特性

曲面の美しさがデザインの向上をもたらします。

普通ガラスと比較して2~5倍の耐風圧強度

温度変化による熱割れや耐衝撃強度もアップします。

万一破損しても破片が細かい粒状に砕けるので2次災害を軽減します。

曲げ強化ガラスの注意事項

製造後の切断や磨きなどの加工が一切できないため、正確な仕様でのご注文が必要となります。
熱処理の影響により通常のガラスと比較すると映像に歪みが生じます。
時には、ガラス全体が細片となります。飛散防止措置としてウィンドウフィルムの貼付や合わせガラスの使用をお勧めします。
内部の不純物に起因するキズが成長することにより外力に関わらず不意に破壊する恐れがあります。

曲げ強化ガラスの仕様 / 寸法

ガラス厚み 8~19mm
最大寸法 2200x2500
最小寸法 600x600
曲率 600R(1/4円) ~ 40000R 詳細はお問い合わせください。