強化ガラス(ハイテンパ)

スクールハイテンパ(JIS R3206)

学校用強化ガラス

スクールハイテンパの特長

「ガラスを用いた開口部の安全設計指針」(財団法人日本建築防災協会)では、強化ガラスは割れても安全なガラスとして安全設計の必要性が高い部位での使用が推奨されています。

スクールハイテンパの使用部位

学校・体育館の窓

スクールハイテンパ製品詳細

スクールハイテンパの特性

通常のガラスの3倍以上の耐風圧強度が有ります。

割れても、粉々になってしまう為、2次災害を軽減します。

スクールハイテンパの注意事項

強化ガラスは、フロート板ガラスに比べると表面硬度がやや低いため、フロート板ガラスと同様の取り扱いでも傷がつく場合があります。クリーニング時は、金属製の清掃用具を使用しないでください。

強化ガラスは「ガラスの中に存在する不純物に起因するキズ」により不意に破損する可能性があります。

熱処理の影響により、通常の板ガラスと比較して、反射像のゆがみが大きくなります。また、合わせガラスにすると、透視像がゆがむ場合があります。

スクールハイテンパの仕様 / 寸法

板厚 4m/m ・ 5m/m・ミスト 4m/m
サイズ 4m/m : 1200 × 2000
5m/m : 1800 × 2400
ミスト4m/m : 1200 x 2000